食生活は婦人包茎と性生活更年期症状を緩和する

など高血圧、顔色の火照り、めまい、耳鳴り、めまい、眠れないで,記憶力の減退、不安、うつ病、神経過敏、易を感動して、情緒不安定に、関節筋肉痛、月経の乱れなど.しかし、友達、あなたは知っていて、更年期のこれらの症状が一時的な限り、積極的な協力を通じて鍛えて、医師の治療を大切にすべきだ、特に自身の療養、完全に遅らせます更年期の来るのも軽減病理現象の出現を、平和をしっかりと移行老年期.

現紹介のいくつかの更年期症候群の飲食の治療処方、粥類、新鮮なジュース類やドリンク類、かまぼこ類、料理など、手軽に行えるおいしい、読者がいいでしょう.

p> <いち.七宝粥:強い腎臓、内臓を強くする.小豆50粒、黒豆64粒,包茎と性生活、きな粉56粒、蓮子21粒、ナツメは24枚、クルミの仁8個.まず、アズキ、黒豆、ダイズ煮沸じゅうご分後に再入国蓮子、クルミ、煮沸じゅう分に赤いナツメ.1日3回.

おかゆ:脾:脾:脾.適応経の量が多く、または崩に暴下を経て、血色淡やブロックは、腰のひざがぐったりして、形は寒肢寒くて、軟便、纳呆腹部膨満など症.大きいむき身は10個、アワは100グラム、塩、味の化学調味料、ごま油、ネギの粉の適量適量.淋しくは小さいひの、アワは純、1、雑炊、調味料を加えて.毎日1回.

さん.ジオウ枣仁粥:補陰解熱.適応五いらいら熱、面熱汗をかき、耳鳴り腰酸、煩悶怒りっぽい性質、口の苦しみ尿黄、多い夢が干など症.サンソウさんじゅうグラム、ションディフアンさんじゅうグラム、米ひゃくグラム.

には肝に益して腎臓を益する.適応月経が多かれ少なかれ、または後退、眩暈、期待や五いらいら熱、面火照り、腰酸ソフトなど症.生クコ250グラム、洗浄後ガーゼ小包、榨取.10~20ミリリットル、毎日2回.

p> <ご.ニラ汁:温阳寒宮.適応型寒肢寒い、顔色アシル白、精神うつ,腰のひざ酸寒い、月経量が少なく、色のライトで清、夜尿多など.ニラはきれいなガーゼを包んで包んで、汁を搾り取る、着て服に砂糖を加えて.毎日2回、毎回5~10ミリリットル.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です