竜眼肉の包茎と性生活効能と作用竜眼「万病万病」

p>と<竜眼リュウガン、郡は我が国の南方.竜眼の肉質は新鮮で、色がきらきらして、香りが濃く、おいしい、ライチ、ライチ.祖国の医学は、竜眼の味の甘、性は暖かくて、持って补心健脾臓が、血を鎮め、補充精パズル、精力をつける強い体などの効果を治療に用い心血不足、動悸動悸、不眠を忘れ、貧血、自然発汗寝汗、脾臓のびくびくする腹下しや婦人産後のむくみなどの病症.

現代研究は、竜眼肉、蔗糖、タンパク質、脂肪、多種のビタミン、アデニン、コリンなどの成分が含まれていると明らかにしている.いくつかの成分を抑えてがん細胞の成長を増加、コレステロール、冠状動脈の血の量がため、しかし予防と治療の老人のよくあるがん、高血圧、高脂血症や心臓病など,抗老化作用を持つ.我が国民間多く竜眼入薬膳の妙方,制作簡便、食ては美味しいばかりでなく、治療効果がたいへんよい.

p産後むくんむくん

望ましい竜眼干じゅうにグラム、大きいナツメじゅう枚、白茯苓じゅうグラム、水を煎じ、毎日いち剤.

p貧血と体が弱い者

望ましい竜眼干じゅうにグラム、赤いナツメのじゅうにグラム、ピーナッツじゅうごグラム、もち米ごじゅうグラム、黒糖の適量、粥を煮る、朝晩の各いち度.リュウガン10グラム、ナツメの5枚、カレン30グラム、米は50グラム.蓮メートル、ナツメをほぐし、芯,包茎と性生活、核.先取米煮沸後で、リュウガン、ナツメ、蓮メートルなど、同まで煮る熟して、毎日いち剤.も望ましいリュウガンじゅうグラム、蓮メートル、オニバスの実の各にじゅうグラム、氷砂糖の適量.上記の諸方薬に適量と煮込むを加え、氷砂糖を入れて溶かした後に煮込み服、毎晩1回.

心血不足、動悸動悸、不眠忘れ

Pは毎日新鮮な竜眼肉50グラム、竜眼20グラム、水ソテー.も望ましい竜眼の肉500グラム、砂糖ごじゅうグラム、竜眼の肉を入れて、茶碗の中に砂糖を加えかき混ぜます均等に籠を取り出して、蒸してから涼しい、再続で蒸して、それの繰り返しさん度、その色が黒砂糖を加えて、適量をかき混ぜるのが均等である、瓶詰めの予備、毎日に回、毎回よんしよ—ご粒.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です