ガン防止の包茎と性生活多い魚を食べ少ないミルク

癌患者の4大名補は現在、多くのがん患者は飲食面での落とし穴が存在している.人は何も食べられない、餓死癌細胞.別の1種の人は大きく食べ大补がん.西洋医学との結合腫瘍国家重点学科、南京軍区総院腫瘍欧阳学农福州科主任は、別の癌患者と癌の異なっている時期、飲食は違う.がん早く中期多く所属貧血状態潜熱なら、忌辛は暖かくして属性の食品、末期がんで多く虚弱症、食事で補って、益の息生の主張温血で、性の寒い食品は属して、少なく食べるべきか食べない.科学的な食事で機体の栄養状況を改善し、治療効果と生活質を向上させる.癌患者の味覚減退、食欲低下、消化機能が非常に悪い.専門家は、患者の消化能力に応じて、少量で多い食事を組み合わせ、太さ、流動性、软食と硬い食交代、甘いしょっぱい互換などの形式.主食はお粥とパスタを中心に,包茎と性生活、ラインの表面.がん患者は毎日食べ物から摂取する総熱量は正常人の最低要求を下回って、そして良質蛋白質を主として、卵、牛乳、肉、豆製品など.これに対し、腫瘍科専門家は胃がん、肺がん、肝臓がんと鼻咽癌などの一般的ながん患者が4大名補食療の方:胃がん――多が魚を食べ、牛乳を飲む胃がん患者して胃切除術の後、早期牛乳を飲む牛乳を飲むべきでなくて、下痢を起こしやすいし、夜は牛乳を飲む期.飲食は健脾臓が胃を中心に、食べる豚肉、鴨肉は、一般の主張を食べる鶏肉、牛肉、ヒツジの肉類も少なく食べるべき.兎肉宜水煮、不適の醤油煮.多く食べてうろこのある魚など、コイ、ソウギョキグチ、レンギョなど、少なく無鱗の魚,ウナギなど.肺がん――百合アーモンドの粥肺がん患者も多く飲んで百合の粥粥を適宜選択、アーモンド、水鸭、猪肺、白キクラゲなど.黒白としては黒白キクラゲ、ハチミツを使用することができます.痰は多く、せき者食用セリホン、たけのこ、タラ、大根、ビワなど.黄うみ痰、柿は梨、柿.肝臓癌――鯉のぼりの肝臓がん患者は多く食べて牛乳、患者は黄疸がある時に食用する時に食用するスープ、ウマゴヤシなど;腹水時には冬瓜トウガン、レタス、アズキ、コイ、スイカなどがある.鼻咽癌――麦冬やお茶鼻咽癌患者が出やすいアマチャヅル口、口の苦しみ、空咳などの症状で、このような症状属体質偏虚暑い、选択することができます西洋参煮込みアヒル,お茶やお茶を飲むアマチャヅル麦冬も手を類のツバメの巢のクレームブリュレ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です