植物界の包茎と性生活毒美人

クワズイモ全株有毒クワズイモ別名ミズバショウ,野田芋などは、多年生草本、叶大如蓋、四季常緑、装飾室内、リビングやホテル講堂の観葉植物.『南方主によると有毒植物』負荷:クワズイモ全株をして最も毒毒,包茎と性生活、莖.もし皮膚がかゆくてその汁汁一番重症と接触;目も食べて莖や葉を引き起こす失明、舌、喉のかゆみ,腫れ、多量のよだれ、深刻な者は窒息.$ { FDPageBreak }オジギソウが小さく毒ミモザはマメ科多年生草本や亜灌木、成簇生長、莖の基部木質化、高がいちメートル.ミモザ花期ななしち月からじゅう月、花の色はピンク、頭状花序は団子形.オジギソウが小さく毒、内部に含まれる含羞草碱は一種の有毒物質、人体を過度に接触した毛が抜ける.$ {
バイアグラ FDPageBreak }水仙がマイクロ毒水仙は広州人の大好きな花の一つで、花の小さい香.この花はマイクロ毒、主はその鱗莖で、家庭栽培時、注意はくれぐれもその鱗莖を破って、それが含まれていることを食べてラテン毒素、嘔吐、腸炎などの症状を引き起こすことができます;その他に、花粉も有毒、喉の刺激が大きいので、決して近花聞香.短期観、接触を避ける、問題はやはり大きくない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です