水晶体の包茎と性生活構造と機能

は、医薬の知識の普及に従って、白内障はすでにみんなが聞き覚えすることができて、いわゆる白内障は目のクォーツが透明に澄みきって透明で、何かの要因に影響して、混濁の現象になります.果たして,水晶体はどんな形の構造?またどんな機能がありますか?

水晶体は眼球内の1つのとても重要な構造で、それは1つの両凸レンズの形の透明体はまるで一つの円形のインゲンのように、先が平で後方により凸、直接次の虹彩の後ろに(つまり瞳後ろ)、後方次次の硝子体の巢、それの端部と呼ばれる赤道たくさん捷状体小帯の繊維付き、水晶体を固定して一定の位置では従って眼球の運動ではないのかもしれないな.

水晶体で一生を終わってもずっと成長して、それの大きさもずっと成長し、その大きさや重さに年齢が伸び,包茎と性生活、生まれたときには大きさに6.4mm前後径厚3.5mm、重さ約90mg;成人に大きさ約直径9 mm、厚さ5 mm前後径、重さは約90mg;成人に大きさ約直径9 mm、厚さ5 mm前後径、重さは約255mg.正常なクォーツは血管も神経もないので、病変がある時まだるっこい.

Pは、クォーツに必要な栄養とは完全に部屋の水で供給され、水晶体嚢を通して栄養を受けていた.クォーツは中央の水晶体と、まわりの柔らかな水晶皮質、水晶の外層には無色透明膜があり、水晶と呼ばれる、というのは、前のぉぉと後にした.前には一重の立方上皮細胞は、水晶上皮と呼ばれ、後には無.

水晶体が分裂分化そして上皮エッジ赤道部へ移動し、これらの上皮細胞核に次第に失って繊維、ば古いほど早く形成の繊維が移し水晶体の中心部、水晶体核形成.水晶体の正常な新生児は無色透明、ファインの柔らかい組織が、年を取るにつれて、内部繊維の堆積圧迫は次第に硬化し薄い黄色、年を取るほど、硬化ほど重くてしかも色が深い.

は、体の他の組織よりたんぱく質含有量が多く、年に増加、溶性蛋白質も増加し、水晶体の混濁とも可能性があります.

水晶体目の中に2つの主要な機能は、屈折(refraction)が、透明かつ15ジオプターの屈折力を通して、そして網膜に光を集めて.レンズがない場合は、重たくレンズ(1000度以上)のコンベックスレンズでも見えるものがあり 痩せ薬.

水晶体の別の機能は調視作用(Accommodation)私たちの目を見てから遠くも近く、水晶体厚さは次第に変えて,光の屈折力のことを変えて、遠くで見近くを見るが同じクリア.特に目を見近物時、毛様体筋収縮、毛様体小帯をリラックスして、水晶体で自分の弾力によって前後径の増加が厚くなり、増えた屈折力、近くを見る物がとてもはっきりしている.年には

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です