故郷の包茎と性生活中の云天(外の2曲)

詩文詩文詩文:夜子霜かえで

故郷の雲は、ひときわ自然な、真っ白な一片、空に翻って、変化に変化する.風が来る時、それは風になって、それは真っ黒になって、それで自分は罪悪で、雨水でその満身の汚濁を洗い流して.

故郷の流水、とりわけ澄んだ、それは小川、上には小さな橋だと覚えている.そのときは若い、よく橋に立って川底、数日小魚はあれらの石の上で遊び戯れて、とても自由です.

故郷の日,基本的に私の幼いころの思い出、凧、風船.紺碧の背景に舞う、ツバメ、カラス、同じ林間で追いかけ、夜は星に、2匹のコウモリが出てくる.あの古い空、数千年の顔、そんなに簡単には変えて、月光がない時、空からあのように.

時の矢は、無声の絃はない.

诗文:木石

昨日から今日、大風が連なり.このように大きい風の風はない、落ち葉が地面に地面をいっぱいに吹いて、あれらの葉はやはり靑靑のです.この大風じゃないなら、木で木に滯在ているのかもしれない.

した華やかな夢も何ものを誇示する場合は、外部からの触媒、私か老けがとても余裕があって、他人に、思う存分が私を見て無力な顔.時間がね!そんなに簡単に,包茎と性生活、彼はただ憔悴あなたの鼓動、あなたの灼熱の体、情緒の波動.

私はあまりにも多くのことを考えたくない、ただこのまま時間に無慈悲て変更されたくない、そこで私はしようがないことを選択しました.退避を选んだが、どこにかくれて得たのか.時間よ!矢絃.

1種の憂え悲しむ.

pは、ある時、心に広がります.今の北国は雪が舞い、冬眠の動物も目が覚めないで,その悲しみ、縹渺、実は1種の凝集、雪片、空中、林間に漂っている.

長雨かな、今の南国正は苦虫を噛み潰したよう.寂しさと憂愁の顔、いつも私の家に掛かって、私の母は台所で燃えて燃え、ご飯を煮ていました.屋根の煙突には縷縷炊煙が冒す、真っ白なヘイズが一般的、雨に蒸散ている.私の悲しみは、この縷の白煙にある、すべてのほこり、私はすべてそれを露に供養する.

あのような悲しみは、はるかに遠い、人々に忘れられない、永久不変の歌は変わらないという言葉
レビトラ 購入.私はあなたの心を愛して、私はあなたの心を遅々とない.もし私のこの憂い悲しみに伴う私のどれくらいの、それは私の愛あなたの時間はすべて消しても消して.

【木石(夜は霜楓)QQ.1832970310】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です