夫婦ハダカで寝るのはどんな長所と短所がありますか

ハダカで寝ると言えば、決して新鮮な話題でなくて、前世紀70年代から、アメリカで少しの家庭がすでにハダカで寝て流行っていました。

確かに、多くの人はハダカで寝る習慣があります。ハダカで寝る時、衣服を着ている束縛を取って、フリーな快適な感じに与えます;その一方、皮膚と空気の接触面を増やして、血行、皮脂肪腺や汗腺などの分泌することに有利点があります。そして、気持ちをリラックスにして役に立って、疲労を取り除きます。

また、ハダカで寝るのは以下の長所があります:

1、保健にとって有利のことがあります:

外国の婦人科医師の実験に基づいて、ハダカで寝ると人に暖かく快適な感じをさせて、緊張性的な疾病を補助の治療をすることに使うことができるばかりでなく、慢性便秘、慢性下痢を使うこともできて、腰と頭が痛い感じも著しく改善されます。少しの女性がありふれている月経痛や頚肩部痛などは少しずつ減っています。

2、睡眠にとって有利のことがあります:

手足が非常に冷たいために、長い間に寝つくことができない女性は、ハダカで寝てさらに早く眠りにつかせることができます。

3、夫婦の性生活にとって便宜をはかります:

しかし多くの人もハダカで寝ることに反対な意見を持っています。例えば、ある性学家はハダカで寝るのが夫婦性生活を益々“単刀直入で、ひと目で見渡すことができます”だと思っています。新鮮味と神秘的な感じを乏しくにして、“セクシーな感覚を鈍化します”を容易に招致してきて、夫婦性生活の品質を下げます。部分のハダカで寝た男性は、初期に綿入れの掛け布団のために、性器の直接刺激は強烈で、男性反応性的な性快感過剰にします。性生活が頻繁で、夫婦健康に不利にします; もし夫婦双方はハダカで寝るのを意に不統一なら、容易に夫婦矛盾を引き起こして、夫婦生活の中で、プライバシーを保護することにも不利点がありますと婚姻専門家は考えます。 そのため、既婚で人はハダカで寝ることが得失を比較判断するべきで、一概に論じることはいけません。