包茎は性生活に与える影響

包茎とは
ペニスをおおっている包皮の出口が狭く、亀頭が露出しない状態を真性包茎、手を用いると完全に露出できても、包皮が過剰なため通常は亀頭が露出していない状態を仮性包茎といいます。包皮と亀頭の一部が癒着ゆちゃくして完全に露出できないことがよくありますが、このような状態は生理的包茎と呼ばれ、真性包茎とは区別され、特別な治療の必要はなく、大部分は徐々に癒着がはがれてきます。

包茎は性生活に与える影響
仮性包茎は、通常時は皮をかぶっていますが、勃起時になると皮が自然と剥けるタイプです。また、たとえ勃起時に皮をかぶっていても、手で簡単にむくことができます。このような仮性包茎はSEXに全く支障がないといえます。あえていえば余分な包皮が邪魔して、女性を多少は感じにくくさせている可能性はあります。

仮性包茎は包茎のなかでは最も程度が軽いものになります。通常時に皮が被っているとはいえ手で剥くことが可能なために入浴時に皮を剥き、きちんと洗えばそれほど問題はありません。ただし安全を過信し清潔をきちんと心掛けないと性病に感染し取り返しのつかないことになります。セックスの時にパートナーに迷惑をかけることにもなりかねないので注意が必要です。仮性包茎も人により程度が違うので少しでもペニスに違和感を覚えるときは医師への相談をオススメします。

もし真性包茎でSEXするとすれば、女性の膣内があらかじめ十分に濡れているか、ローションをつけるしかありません。極力、摩擦を少なくして通りをよくするためです。そのほか必ずコンドームをつけなければなりません。そうしないと包皮が剥ける側に移動するさい、痛みが生じるからです。しかもコンドームをつけても、真性包茎の場合、外れやすくなります。コンドームは、包皮をむいてから装着するようになっているからですね。そうなると避妊したくても、それが出来なくなります。