仮性包茎のよくある質問まとめ

Q:包茎手術に保険は適応できますか?

A:仮性包茎の手術に保険を適用することはできません。真性包茎を治療するための包茎手術やカントン包茎(むいた皮が腫れ皮を元に戻せない状態)に対する治療を、一般病院で受けられる場合のみ保険の適用対象となります。真性包茎やカントン包茎の治療は保険を適用すれば費用を抑えることはできますが、一般病院では包皮を剥く事に重点がおかれている為、包茎手術の仕上がりについては、あまり重視されません。仕上がりの美しさを求められるなら、多少費用は高くなりますが、包茎手術専門の美容外科クリニックでの治療をおすすめいたします。

 

Q:セックスに支障はないのですが、包茎治療は必要ですか?

A:セックスに支障がない場合すぐに治療する必要はありませんが、セックスに支障がない程度の軽度の包茎であっても以下のような問題があります。
・子宮頸がんなどの女性の病気の原因になることがある
・余った皮がペニスの性感を低下させる
・性感の低下で、インポになりやすい
・亀頭が敏感なため、早漏になりやすい
・亀頭が露出しないので、内側にカスが溜まりやすい
・通気性が悪くばい菌の温床になり、性病にかかりやすい
・セックスの際、亀頭が充分に機能を発揮しにくくなる
このような問題があることから、軽度の包茎であっても治療を検討されることをおすすめします。

 

Q:仮性包茎矯正器具は本当に効果があるのでしょうか?

A:仮性包茎矯正器具の効果には個人差があるため一概にはいえませんが、仮性包茎矯正器具は成長期を過ぎた人には効果が出ないことが多いようです。また、仮性包茎矯正器具の中には安全面に問題があるものもあるようで、器具によって包皮を傷つけてしまい、その治療のために来院される方も少なくありません。仮性包茎矯正器具を使用される際は、様子をみながら少しづつ慣らすようにしてください。

 

Q:セックスで射精できず悩んでいます。包茎が原因でしょうか?

A:セックスで射精できない場合いくつかの原因が考えられますが、真性包茎・カントン包茎も原因となりえます。真性包茎・カントン包茎の場合、セックスの際にも亀頭が包皮に覆われているため、充分な刺激を得ることができず、射精までいたらないことがあるのです。この場合は、はやめに包茎手術を受けられることをおすすめします。

 

Q:包茎だと早漏になりやすいと聞いたのですが本当でしょうか?

A:仮性包茎の場合、平常時は包皮に保護されて鍛えられていない亀頭がセックスの際だけ露出することになるため、早漏になりやすいようです。カントン包茎・真性包茎の場合、セックスの際でも亀頭が包皮に覆われているために刺激を得ることができず、逆に遅漏になることもあるようです。